飲み方や量について|頭がモヤモヤしたらDMAEでしっかり改善していこう!

白い錠剤

飲み方や量について

錠剤

これからしっかりとDMAEを摂取していく上で、どんな形で摂取するのがいいのか?
今回は摂取に関する方法とその量などについて説明していきましょう。

基本的には青魚と呼ばれるものにたくさんDMAEは含まれています。
イワシをはじめアンチョビにも多くのDMAEが含まれているので、普段からよく魚を食べるような人だったらDHAと同じくらい摂取しやすい物質だといえるでしょう。
もしどうしても魚は食べない!という人の場合は、DMAEのサプリメントを普段から服用することをおすすめします。

では実際にDMAEをサプリメントはどれくらいの量を飲んでいけばいいのか?
これはあなたがどんな用途でDMAEを使うのかで変わります。
たとえば集中力をアップさせるためだけに使うのであれば100mgから飲み始めればいいですし、アルツハイマー病をなんとかしたい人は300mgから使うのがおすすめです。
基本的には1日あたり1錠の摂取でまったく問題ありません。
サプリメントなので医薬品とは違いそこまで危険性はありませんが、もちろん過剰に摂取しすぎてしまうと副作用が起こったり、集中力が逆に下がってしまう可能性があります。

では副作用としてはどんなことがわかっているのか?
特によく挙げられているのが胃が荒れてしまうという副作用です。
基本的に食前でも食後でも飲むタイミングに制限はありませんが、胃が弱い人の場合は食後に摂取するようにするのがベストです。
空腹時にDMAEを服用してしまうと胃に負担をかけやすくなってしまいます。
そのため安全に飲みたい人は食後をおすすめします。